燃料電池車向けにLPガスから水素を作る装置開発するんだそうです。

エコカーの動向がよくわかりませんが、いろんな動きがあるようです。

  •  
  • 2014.08.26
  • takumi.t

スポンサーリンク

大阪ガスが装置を開発するそうです。

8/26の日経新聞 朝刊 1面から。

スポンサーリンク

水素の燃料のコストダウンができるそうです。

大阪ガスは昨年都市ガスから水素を製造する装置を開発していて、今度は都市ガスが普及が遅れた地方のLPGから水素を製造できる装置の開発を行うそうです。

装置は年内にも開発・販売され、1台約2億円だそうです。

そもそも都市ガスとLPGでは成分が違うんですね。別々の装置で水素を取り出す必要があるんですね。

昨日はターボチャージャーが搭載車が増えるという記事だったんですが、今度は燃料電池車の話です。

今後のエコカーの動向がよくわかりませんが、注視が必要ですね。ターボ、燃料電池車、バイオ燃料など。ユーザー側にも選択肢が増えてきそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連しているブログ記事

コメントする